アイルランド ワーキングホリデーブログ 2017

2017年6月からアイルランドにワーホリに行く日本人です。アイルランドに関するいろいろな情報をお伝えします。

アイルランドと浦島太郎

こんにちは。akiです。毎日暑くて、もう夏がきたみたいですね。

 

今、ダブリンに向けて準備中なのですが、早速ハプニングがありました!!

スーツケースのキャスター(タイヤ)が壊れていることがわかりました(笑)

キャスターが動かないのです。。。

 

たぶん、前回使ったときに荷物をいれすぎてしまったことが原因だと思います。

こういうことをするとこわれまーす!!

 

 

やっぱり、どんなにはいるとしても超過料金のかからない22,23キロまでが限度などかもしれません。キャスターのこわれたスーツケースは本当に使いにくいです(笑)

 

さて、今日は最近知った、アイルランドのびっくりなことを書きたいと思います。

 アイルランドには、いろいろな言い伝えがあり、日本の浦島太郎と似たお話があるそうです!

 

 

簡単にどんなお話かというと、、、

「むかしむかし、アイルランドスライゴーオシーンという人がいました。

ある日、オシーンは不老長寿の国の王女と出会い、その国に連れられて

幸せに暮らしました。

数年が過ぎ、オシーンは故郷に帰りたくなりました。

王女はオシーンに帰ってもいいと言って、白い馬を与えるのですが、オシーンに決してこの馬から下りてはいけないと言って送り出しました。

オシーンが故郷に戻っていたところ、大きな石がありました。

それを村人たちがどかそうとするのをみて、オシーンは手伝おうと思い、

馬から下りてしまいました。

その途端、オシンは300才の老人になってしまいましたとさ。」

 

竜宮城のような場所にいって、現実の世界で年をとってしまうところが、

浦島太郎と似ていますね。こんなに似たお話があって、びっくりです。

 

ちなみにスライゴー(Sligo)はコナート州にある町です。

ゴールウェイからも近くて、スライゴー修道院が有名です。(写真上)

歌手のウエストライフの出身地でもあります。(写真下)

 

アイルランドに、他にどんなお話があるのか、また書きたいと思います。

それではまた。

aki

 

ゲール語で乾杯!

こんにちは。akiです。

もう出発まですぐそこになってきました。

 

先日、代々木のアイリッシュパブに行ってきました。

そして新しいゲール語を覚えました!!

 

パブで乾杯したときのこと、

乾杯はSlàinte( スロンチャ)というそうです!!

 

 アイルランドに行ったら、美味しいビールとともに、ぜひ使ってみたいです。

 

 他に何か便利なゲール語を知りたいと思っていたら、こんなサイトを見つけました。

 

 

もちろん、Slàinteもはいっています。

他に使われてる表現で知っているのがあったら教えてください。

 

それにしても、ゲール語はスペルから全然、発音がわからないのがおもしろいです。

 

それではまた。

aki

 

アイルランドの楽器♪

こんにちは。akiです。

アイルランドへの出発がどんどん近づいています!なにやらいろいろ心配です。

 

さて、今日はアイルランドの楽器について書きたいと思います。

 アイルランドは音楽が有名で、いろんな楽器があります。

まずは演奏しているビデオをどうぞ。

 

演奏しているのは、

The Corrs (ザ・コアーズ)という、アイルランドのロックバンドです:)。

コアー兄妹(姉妹3人と兄1人)で組んだバンドです♪

 

演奏順に、でてきた楽器は、、(ピアノの後)

 

フィドル(Fiddle):バイオリンと同じ楽器。

バーロン(bodhrán):タンバリンみたいな形をしたフレームドラム。小さな撥を使って演奏する。

Tin Whistle (ティン・ホイッスル) :ブリキでできた縦笛。

 

楽器は、他にもたくさんあります。下のウェブサイトには詳しい情報や、ビデオものっています。良かったら見てみてください。


まだどの楽器もみたことはないですが、

現地で、パブや路上ライブをみたら注目してみようと思います。

生演奏を聴くのが楽しみです。

 

では、また。

aki

 

 

 

ボイコットとアイルランド

こんにちは。akiです。

アイルランドへの出発が日に日に近づいております。ドキドキです。

 

さて、今日は最近知ってびっくりしたことを紹介します。それは

ボイコットという言葉の由来です!!

ボイコットは何か抗議をするために、不買運動やサービスを拒否したり、仕事をしないことですよね。

この言葉、実はアイルランドと関係ありです!

 

ボイコットは、イギリス人チャールズ・ボイコット伯爵(Charles Boycott)の名前に由来します。

伯爵の名前だったんですね。(写真左)

 

 伯爵は、1873年にアイルランド北部のメイヨー県の農地管理人になりました。

当時、アイルランドでは3回目の飢饉が発生しており、農民たちは食料難に苦しんでしました。さらに、地代も高かったため、同盟を組んで軽減を伯爵に訴えました。

しかし、伯爵は拒否。

そこで、伯爵に対抗するため、農作業の継続を拒否し、さらに伯爵に対する物品の販売やサービスの提供も拒否したとか。

その結果、伯爵はイギリスに帰り、アイルランドに戻ることはなかったそうです。

 

このお話を背景にして、ボイコットという言葉は使われているそうです。

言葉の裏にアイルランドあり!びっくりです。

 

参考にしたサイトはこちらです。

ボイコット 語源・由来

ちなみに単語のスペルも、もちろん伯爵と同じなので、boycottです。

 

いかがでしたか。また何か見つけたら、報告します!!

ではまた。

aki

ブラジルとNetflix

こんにちは。akiです。

先日、mix bを通じて、アイルランド帰りの日本人の方と会えました!!その方とのお話で共有したいことを書きます!

 

アイルランドにはブラジル人が多い!

 これは聞いたことがあったのですが、本当に本当のようです。

どうして多いのか具体的にはわかりませんでした。。

でも、ブラジルは世界最大のカトリックの国

アイルランドと同じです。

あとは、費用が他国と比べて比較的、安かったり、アイルランドに住んでいる親戚や知人を訪ねて住みつく場合も多いと思います。

 

それにしても、ブラジルのことを何も知らない。。ちょっと調べてまとめてみました!!!少し知っていれば話もしやすくなりますよね🙆

 

言葉 ポルトガル語

人口 約2億784万人(日本の約2倍)

面積 約851.2万㎢(日本の22倍)

大統領 ミシェル・テメル

 

ブラジルって、こんな国土も広く、人口も多いんですね。

あとは食べ物では、シュラスコポンデケージョが有名です。

歴史的なつながりも深い国です。

シュラスコ

ポンデケージョ

 

 ②Netflixで話が盛り上がる!

 

Netflixは、動画配信サイトです。知っている方も多いと思います。

結構、話の種になるらしいです!なので、ちょっとでも見ていたら何か話ができるかも。私は以前、無料期間中だけやっていましたが、せっかくなのでまた始めようかなと思っています。月々、一番安いプランで650円で見ることができます。

私はフルハウスの大ファンなので、見るのが楽しみです❤

フルハウス

最近は、新シーズンのフラーハウスも。

 

そして、まだ1話しかみてないのにはまったのが、こちら。

ブラックミラー(BLACK MIRROR)!!!

   

 Netflixオリジナル作品で、シーズン3まででています。近未来の社会を風刺したドラマなんですが、すごくリアルで考えさせられる作品でした。

あまりSF系はみないんですが、見てよかったと思える作品です。

シーズン3の予告編はこちら。

/ 

 

ちなみに、タイトルのブラックミラーとは、

スマホやパソコンの黒い液晶画面のことを、さしているそうです。 

 

いかがでしたか。アイルランドに行く方、ブラジルとNetflix、要チェックです!

 

ではまた。

 

aki

 

 

 

 

 

 

 

 

【アイリッシュパブ】An SOLAS (代々木)

こんにちは。akiです。

アイルランドへ向けて準備中です。

今日はまさかの30℃。もう夏は近づいてますね!!

さて、今日はまたまたアイリッシュパブの紹介の3弾目です。今回のお店はこちら。

 

Irish pub An SOLAS(代々木)

代々木駅の東口から徒歩5分くらいです。

ランチもやっています!店内はこんな感じ。


f:id:aki-dublino:20170508171928j:image

店内、奥にあるこのお部屋は、アイルランドのパブをイメージしてレイアウトしたとか。

奥に見えるのは、ゴールウェイのアートフェスティバルのポスターです。

 

f:id:aki-dublino:20170508233339j:image

 

ザ・アイリッシュパブという感じです。

ランチは950円で、4つから選べました。

私が食べたのは、タイ風のお料理(笑)


f:id:aki-dublino:20170508172149j:image

お肉が柔らかくてとても美味しかったです!

他にメニューで、ギネスカレーや、フィッシュアンドチップスもありました😀

 

日本人こ店員さんもとても親切な方(^^)で、いろいろアイルランドの情報を教えていただきました!そして、

このお店で、Meet up をやっているそうです!!

第2、第4水曜日の夜。時間は何時からというのはなく、大体夜20時くらいから人が集まってくるとのこと。アイルランドの方、ワーホリに行く人、帰ってきた人などが集まるそうです😆次回は、明後日10日です!

私も行ってみようと思っています🙌

 

本格的なアイリッシュパブ、もし良かったらぜひ行ってみてください。アイルランド人のバーテンさんもいらっしゃいます!

Irish Pub An SOLAS

食べログIrish Pub An SOLAS

 

読んでいただきありがとうございました。

では、また🙆

 

追記(5/23)

お店の名前、An SOLASとはゲール語で光という意味だそうです。

先日、夜に行ったら明かりがきれいでした。もちろん、お料理も!

おすすめのお店です。

 

aki

 

 

 

【アイリッシュパブ】Clann(自由が丘)

こんにちは。akiです。

アイルランドのワーホリへむけて準備中です。

最近、少々あせってきました笑

 

さて、今日は東京のアイリッシュパブ・レストランの紹介、第二弾です!!

今回のお店はこちら。

Clann(自由が丘)

東横線自由が丘駅の南口すぐにあるアイリッシュパブです。

ちなみに、お店の名前Clannとはゲール語家族という意味です!

店内はこんな感じ。(ネットより引用)

ビールがたくさん!もちろんGUINESSもあります。

他のアイリッシュビールもあります!

店内はコの字型の細長い店内でした。  

ビールで美味しかったのがこちら、

 

キルケニー

とてもクリーミー、口当たりがよかったです。ごくごく飲めました(笑)

ギネスより好きかも!ビールの名前にもなっているKilkennyは、ビールの醸造所として有名だそうです。

 

さてさて、先日ここでMeetupがあり、ついに

アイルランドの方と出会うことができました。

ずっと話してみたいと思っていたので本当に良かったです!!

お話の中で面白かったのが、

 

お店の壁に書いてあるゲール語が間違っていることでした(笑)。

 

SEOMRE(ショムラと読むそうです)はゲール語部屋という意味です。

しかし、壁には、SOEMREと書いてありました。OとEの位置が逆でした(笑)

結構大きく書いてあるけど(笑)。

 

店内には、他にもゲール語が書いてありました♪

例えば、

・Eire (エール)   アイルランド

・Fáilte (フォルチェ) ようこそ

きっと、アイルランドに行ったらたくさん?ゲール語にふれることもあると思うので、楽しみです。

 

また脱線してしまいましたが、

もしよかったら、パブに行ってみてください😆 Meetupもおすすめです。

お店のホームページはこちら。

読んでいただきありがとうございました。ではまた。

 

あき