アイルランド ワーキングホリデーブログ 2017

2017年6月からアイルランドにワーホリに来ています。アイルランドに関するいろいろな情報をお伝えします。

読者の方からの質問コーナー①

こんにちは。akiです。

9月がはじまりました!!

アイルランドで夏を体感したのは、本当に数えるほど(笑)だからこそ、天気が良い日はとてもテンションがあがりました。これからの秋、冬とどうなっていくのか楽しみです。

さて、今日は読者の方からの質問を紹介します。

ありがたいことに少しずつ質問をいただけるようになりました。本当にありがとうございます。とても嬉しいです。

これからも少しずつダブリン情報をお届けしていきます。おすすめのお店情報、飲みやお茶のお誘いなども大歓迎なのでお気軽に下のアドレスまでご連絡ください:)もちろん、コメント欄でもOKです。

irlanda.aki@gmail.com

 

では、早速いきましょう!

アイルランドに旅行に行くときに、持って行った方がいいものは?

寒さ、雨対策グッズかなと思います。

おすすめは

・レインコート(ウィンドブレーカー)

・折りたたみ傘

・フード付きの羽織

どしゃぶりだとレインコートだけでは厳しくなるので、傘も持ってくることをおすすめします。

羽織は寒さ対策とちょっとした雨の時に対応できるので便利ですよ♪

あと、最近思うのですが、スーパーのレジ袋エコバッグも何枚かもっていくと、いろいろな場面で使えて便利だと思います。例えば、

・ちょっと買い物したものをいれておくとき

・濡れた傘をいれたいとき

などなど

アイルランドでもレジ袋はもらえるのですが、

紙袋であることが多く、下の写真のように持ち手がなく、くちの部分を丸めておって渡されることが多いです(笑)持ちにくさ半端ないです♪♪

他にも、すごい小さいものを買ったのに、とても大きい紙袋にポツンといれて渡されることもあります。

(例えば、みかん1つ買ったのに、小ぶりのすいかが入るくらいの袋で渡されたりします)

なので、袋もお持ちになると便利だと思います。

 

長文失礼しました。他にいただいた質問は、また別の記事でご紹介します。

それではまた。良い週末をお過ごしください。

aki 

<アイルランド ハプニング> たまご事件

こんにちは。akiです。

もうすぐ9月ですね。私はだんだん今後の不安が頭をよぎるようになってきました(笑)

 

今回はアイルランドでのハプニングについて書きたいと思います。

外国生活をすると、いろんなハプニング=楽しいネタが盛りだくさんです。

 

第1弾は、

たまご事件です!!

 

たまご事件とは、、卵かけご飯の誘惑に負け、生卵を食べ食中毒になってしまった大事件であります。。

 (食べる前に、生卵はやめたほうがいいよという声が聞こえていたのですが、誘惑に負けてしまいました。。)

 

 

朝方食べて、昼過ぎからおなかの調子がおかしいと感じ始め、

寒気、発熱、下痢、嘔吐、、、、、

この順番でどんどん悪化していきました。。。

最初は風邪かなと思ったのですが、違いました。

 

幸いにも水は飲むことができ、(口に含む程度ですが)

午後から夜にかけて苦しんで、次の日の朝には回復してきました。

(※私は本当にラッキーな方で、中には2~3日苦しんだ方や、水も飲めなかった方もいますので個人差があります。)

 

アイルランドにいるみなさん。

生卵は食べず、しっかり火をとおして食べてください。

生卵にはサルモネラ菌という菌がひそんでいることがあり、それが食中毒の原因になります。

元気に過ごすための、お願いです。

 

※補足情報 卵は、Lidl(安めのスーパー)で買いました。

どうしても生卵を食べたいときは、DUNNESなどの少し高めですが品質に安心のあるスーパーをおすすめします。

 

食中毒は本当に大変なので、くれぐれもお気をつけください。

もし何かご質問や、経験談などがありましたら、コメントをお待ちしています。

 

ではまた。

aki

アイルランドでタクシーに乗りたいとき。

こんにちは。akiです。

ダブリンは今日も雨模様で、肌寒い日が続きます。

英語で雨でどんよりとした日を

It's miserable day と表現するそうですが本当にそんな感じです。

 

こんな天気の日に、どこかに行かなくてはいけない、荷物もあるし、

タクシーでも使いたい、そんな時におすすめのアプリを紹介します。

my taxiです!!!

 

 

使い方がとってもかんたんで、来てほしい場所と時間、行き先を入力するだけです。

すると、ドライバーさんの情報がでてきて時間通りに来てくれます。

タクシーなので値段はたしかにしてしまいますが、とても便利でびっくりしました。

 

参考までに

Dublin6からダブリン空港まで、13キロの道のりが€26.6でした。初乗りは€4のようです。日本円で大体、3500円くらいです。

支払いは降りるときにすればOkです。

 

お金はある程度かかってしまいますが、

今回の場合、Dublin6から空港まで自力でいくと、

・雨

・空港までバスの乗り継ぎが有る。

・トランクを抱えている。

という条件だったのでタクシーで正解だったかなと思っています。

 

みなさんもタクシーが必要なときは、ぜひアプリ使ってみてください😊!

 

ではまた。

 

aki

 

Dalkey城へ行ってきました。

こんにちは。akiです。

ブログの更新が遅くなってしまい、書き溜めめていたものを少しずつアップしていきたいと思います。

 

先日はDartに乗ってドーキー城へ行ってきました。ダブリンから電車で20分ほどのところにあるDalkeyという街にあるお城です。


f:id:aki-dublino:20170730011419j:image


このお城の面白いところは、見学のときにガイドさんが中世の衣装を着て説明してくれるところです。いろんな展示物も実際にガイドさんが使ってみせてくれます。

小さなお城ですが内容はとても充実しています。

ガイドさんは下のような衣装を着ています。

 

 

また、入り口すぐのところには、Dalkeyやアイルランドの歴史の展示があります。

これもまた充実していて、盛り沢山です。

 

Dalkeyは多くの作家にゆかりがあることでも有名で、例えば、

・George Bernard Show(1856-1950): ノーベル文学賞を受賞した一人。ダブリン出身ですが、1866年に家族とドーキーに移り住んでいます。

George Bernard Show

 

・James Joyce(1882-1941)

ジェイムズ・ジョイスもダブリン出身ですが、かつてドーキーのClifton schoolというところで歴史を教えていたこともあったとか。現在、Clifton schoolはSummerfield houseとうprivate residenceになっています。

James Joyce

 

Summerfield house

 

ドーキーは、街そのものな小さくて可愛らしいところですが、歴史や文学など奥が深い場所なので、もし興味があったらぜひ足を運んでみてください。

ではまた。

aki

仕事のこと。

こんにちは。akiです。

もう8月も後半ですね。今日は久々の良いお天気です。

 

さて、今日は、ちょっと主観がはいってしまいますが仕事のことについて書きたいと思います。自分を奮いたたせるためでもあります。

 

ワーホリできてもっている特権は仕事ができること。

しかし、すぐに希望の仕事に出会えるかどうかは人それぞれ違うと思います。

ももうすぐ語学学校が終了するので、仕事のことを考えると不安になってしまいます。

 

でも、見つけようとする勇気努力は忘れないようにしたいと思います。

 

というのは、

今のハウスメイトのカップルと出会って、強く感じたのです。

彼らはベネズエラ出身です。

ベネズエラは今、政情不安で深刻な状況にあり、連日ニュースで報道されているとおりです。そのため、ビザの手続きは複雑で大変なようです。それでも、外国へ飛び出し仕事をばりばりこなすふたりをみていて、すごいと感じています。

 

そして、思うのです。

外国で仕事というと、見つけるのも大変で、働けるまで時間はかかるかもしれない。

でも、勇気をもっていろいろ挑戦したり、声がけをしたりといった、小さなステップを怠らず、挑戦していきたいと。怖がることなく堂々と、今できる最大のことを積み重ねていきたいです。

 

個人的なつぶやきになってしまい、すみません。

 

今、アイルランドで仕事を探している方がいたら、お互い少しずつ、一緒に乗り越えていけたら嬉しいです。情報交換、しましょう。

個人的なつぶやきになってしまい、すみません。

 

そして、もし仕事探しや、仕事のことで悩んで落ち込んだら、下の動画をみて笑って元気をだしていただけたらと思います。久しぶりに笑い泣きするほど笑いました。

アイルランドと全く関係ないですが(笑)

 

 

アイルランドで仕事をぜひ実現させましょう!

私も自分にできることを一つ一つやっていきたいと思います。

 

それではまた。

aki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめのミュージアム!EPIC(The Irish Emigration Museum)

こんにちは。akiです。

更新が遅れてしまいました。

最近、家のWi-Fiが使えないというトラブルがおこり、やっと今日回復しました(笑)

どれだけネットに依存しているのか実感できた日々でした!(笑)

 

さて、今日はおすすめのミュージアムを紹介します!

リフィー川沿いのジーニージョンストン号のそばにある、

EPIC (The Irish Emigration Museum)です。

(写真がなくてすみません😫下の写真の、リフィ川沿いをもう少し行った左手にあります。)

 

f:id:aki-dublino:20170727082324j:image

 デジタル素材を駆使した展示になっており、

しっかり見たら、2時間くらいかかるほどの

充実ぶり!!

 

展示内容は、Emigrationとあるようにアイルランドの人々の移住の歴史を中心に、

その他、

音楽やダンス

ゲーリックスポーツ

人権に対する取り組み

セントパトリックスデー

北アイルランド問題 などなど

 

本当に盛り沢山です!!

歴史だけではないので、様々なトピックを展示しているので大人から子供まで楽しめます!!

 

学生は12€で、一度ミュージアムをでても同日であれば再入場できます。

また、近くのジーニージョンストン号にも、そのチケットで見学できるみたいです。

私が行った時は少し駆け足でみたので、今度はもっとゆっくりじっくりみてみたいと思います。

 

リフィー川沿いのお散歩とともに、ぜひミュージアムものぞいてみてください!!

 

ではまた。

 

aki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日のお昼におすすめのマーケット

こんにちは。akiです。

ダブリンに来て1ヶ月がすぎました。

さて、今日は日曜日におすすめのマーケットを紹介したいと思います。

 

ダブリンから電車(Dart)で40分くらいの港町、ダンレアリー(Dún Laoghaire)という街のマーケットです。

f:id:aki-dublino:20170709064709j:plain

マーケットは、駅から10分ほど歩いたところにある、People's park という公園で、毎週日曜日に開かれています。

食べ物が中心で、日本食もありました:)

私は韓国料理にしましたが、めちゃくちゃおいしかったです。

 

ダンレアリーは、海に面した小さな街です。

駅の近くには教会がありました。


f:id:aki-dublino:20170715003857j:image

少し歩けば、もちろん海もあります!


f:id:aki-dublino:20170715003936j:image

ちなみに、ダンレアリーからは船がでていて、船にのるとイギリスのウェールズホーリーヘッドまでいけるそうです。


f:id:aki-dublino:20170715004051j:image

 他にも街のメインストリートには雑貨屋さんなどもあり、他の港町に比べて買い物なども楽しめる街だなと思いました。

 

この前、ご紹介したテンプルバーのマーケットと同じお店もいくつかありました。

日曜日にどこに行こうか困ったときは、ぜひ行ってみてください!

 

ではまた。

aki